キャンペーン

HUMAN RIGHTS VIOLATION

“우리는 불의에 침묵하지 않겠습니다”

2500만 북한 동포들은 시대가 변해도 갖지 못하는 것이 있습니다. 바로 ‘인권’입니다.
자유인으로서, 사람으로서 누려야 할 기본적인 권리지만

그들은 그것이 자신의 권리인 지도 모르고 있습니다.

NAUH(ナウ)は、次のようにさまざまな形式のキャンペーンを行っています。

路上キャンペーン

毎月第4土曜日にソウル駅広場で北朝鮮の人権の路上キャンペーンを行っています。毎回平均15〜20人前後の青年達と一緒に参加者を対象に、北朝鮮の人権教育も進めています。

南北サロン

南北の出身の青年がお互いのために違和感を無くして、お互いをよりよく理解できる場を用意するために「南北サロン」という文化イベントを行っています。異なる文化を持っているが普遍的価値を共有する人々が集まって、お互いが疎通できる場です。

対北朝鮮ラジオ放送

RFA、極東放送などを通じて脱北青年達の自由大韓民国で生きていく姿と夢を伝えて、北朝鮮の市場世代の青年達も目を覚まして、統一大韓民国を準備するように支援しています。

トークコンサート

学校、軍部隊、宗教団体、地方公企業などと一緒に、様々なトークコンサートを進行中です。脱北民が自分の経験を元に、北朝鮮の人権の実態について証言を行い、現場で質疑応答を通じて、人権の価値を振り返って見る時間です。

北朝鮮市場の再現

実際に北朝鮮の物品を持って、北朝鮮の「町」の規模の市場をそのまま再演するイベントを進行しています。北朝鮮の住民が使う生活用品、学用品、制服などを直接見て彼らの生活水準を理解する機会になります。様々な団体から再演依頼が入ってきています。

コッチェビ(孤児となった浮浪児)再演劇

北朝鮮のホームレスの児童であるコッチェビの子供達の実際の姿を再演して見せるキャンペーンを行っています。コッチェビの子供達の生活と考えを見せるこの再演劇は、国内だけでなく、ワシントンD.Cのホワイトハウス前でも行ったことがあります。

북한 당국이 얼마나 끔찍한 범죄를 저질렀는지를

피해자였던 우리는 자유를 찾고 나서야 비로소 깨달았습니다.

ニュースレター申し込み


個人情報の収集および利用に同意します[全文を読む]